カンドーレ歯科コラム

インプラント症例

人工骨で造骨しインプラントを埋入手術したケース

ぐらつく歯を長期間放置するとどんどん骨が減少するケースが多くあります。


そのような骨が少ない場所には通常、インプラント治療を行う前に骨造成治療を行います。


このケースでは骨を造成しインプラントを入れることに成功しましたが、なるべく骨量のある骨質の良い状態で手術をするほうがより簡便です。
歯を残すことは何よりも重要ですが、抜歯の時期をしっかりと考えることもまた大切です。

また骨の状態によっては抜歯してそのままインプラントを埋入する「抜歯即時埋入」というインプラント手術を行うほうがいい場合もあります。そういった場合、当院では最新の人工骨を用いて増骨と埋入を行います。

一回の手術で終了するという利点があるのですが、高い技術と経験を必要とします。

歯のお悩みや
インプラントのご相談
ぜひお気軽に
お問い合わせください

国際センター駅より徒歩1分・名古屋駅より徒歩5分
〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目5-22 名駅DHビル1F

診療時間
10:00~13:30
15:00~19:00
(土曜 10~13時 / 14~17時)

MON

TUE

WED

THU

FRI

SAT

SUN

holidays
- -

MON

TUE

WED

THU

FRI

SAT

SUN

holidays
- -
診療時間 10:00~13:30 / 15:00~19:00
(土曜 10~13時 / 14~17時)